阪神大賞典は力勝負になりました。ファンディーナの相手探し!?

「春のG1戦線の足音が聞こえてきました!」

月曜日も馬券プレゼントやります。勝負鞍1本+中京11Rをお届け
『メルマガ登録まだの方はコチラ』


さて日曜日は、
阪神競馬場で第65回阪神大賞典(G2)
中山競馬場で第66回スプリングステークス(G2)
とダブルG2(重賞)が開催されます~

まず、最初は
第65回阪神大賞典(G2・阪神3000m芝)の血統分析からです。

阪神3000m芝の過去1年間での種牡馬成績は
(ただし出走頭数10以上で勝率順)
以下のようになります。


■該当馬なし


なんと、阪神3000m芝のレースがほとんどありませんので
こんな結果になってしまいました!

次に
阪神大賞典(G2)の近3年での
馬券圏内(3着以内)の馬の父馬を調べると・・・




<2016年>
1着の父ハーツクライ
2着の父ゼンノロブロイ
3着の父アドマイヤドン

<2015年>
1着の父ステイゴールド
2着の父ディープインパクト
3着の父ディープインパクト

<2014年>
1着の父ステイゴールド
2着の父ハーツクライ
3着の父Authorized

スタミナ系の血統が活躍していますね。
ステイゴールドやハーツクライが目立ちます。

そうすると、
サトノダイヤモンドは人気ですが・・・
大魔神オーナーのハーツクライ産駒の
シュバルグランに注目しちゃいますね!!


それでは次は、
第66回スプリングステークス(G2・中山1800m芝)の血統分析です。

中山1800m芝の過去1年間での種牡馬成績からは
(ただし出走頭数10以上で勝率順)
以下のようになります。


1位 ディープインパクト産駒
勝率15.8%、連対率21.1%、3着内31.6%

2位 ステイゴールド産駒
勝率10.8%、連対率27.0%、3着内35.1%

3位 ハーツクライ産駒
勝率10.0%、連対率15.0%、3着内15.0%


ディープインパクト産駒が強いようですが、
昨年の2歳王者サトノアレスがいますね!!
戸崎騎手との新コンビに注目です。

ステイゴールド産駒には、
トリコロールブルーとオールザゴーがいます!
後者は矢作厩舎なので不気味です!!
穴党の方は忘れずに!!


それと、スプリングステークス(G2)の近3年での
馬券圏内(3着以内)の馬の父馬を調べると・・・

<2016年>
1着の父ディープインパクト
2着の父マツリダゴッホ
3着の父マツリダゴッホ

<2015年>
1着の父ブラックタイド
2着の父ディープインパクト
3着の父ディープインパクト

<2014年>
1着の父フジキセキ
2着の父ヘニーヒューズ
3着の父キングカメハメハ

うーん、ディープインパクト産駒が目立ちます。
ブラックタイドも同じ血統ですし。
スピード血統が有利でしょうか・・・
ますます、サトノアレスに注目しちゃいますね。


さて、3日間開催のど真ん中の日曜日は
どんな結果になるでしょうか?

個人的には、阪神大賞典の
サトノダイヤモンドとシュバルグランの対決が
楽しみでなりません。

3日間開催が終わると、
いよいよ高松宮記念を皮切りに
春のG1戦線がはじまりますね~

うまく3日間開催を通過して
春のG1戦線に備えたいですね!!

では!

月曜開催のヒント、サボったから22位


※この記事は、M田が書かせていただきました。


【中山牝馬S】【フィリーズレビュー】血統分析 

日曜日の無料メルマガ15時配信では、
【中山牝馬S】の買い目を無料公開させて頂きます

他にも2週連続結果が出ているメルマガボーナスレースもお届け


無料でも儲かるんちゃう


登録がまだの方はコチラ
メルマガ登録はココ

阪神4R無料公開は18位にて


それではM田さんよろしくお願いします。

今日は梅を見てきました。
(ウメノファイバーじゃないですよ~)
梅の花って結構趣きがあるんですよ、紅色もナカナカですよ!

さて日曜日は、
阪神で第51回フィリーズレビュー(G2)
中山で第35回中山牝馬ステークス(G3)
と二つの重賞が行われます。

まず、最初は
第51回フィリーズレビュー(G2・1400m芝)の血統分析からです。

阪神1400m芝の過去1年間での種牡馬成績は
(ただし出走頭数10以上で勝率順)
以下のようになります。


1位 ダイワメジャー産駒
勝率17.4%、連対率21.7%、3着内30.4%

2位 ディープインパクト産駒
勝率14.8%、連対率18.5%、3着内25.9%

3位 ハービンジャー産駒
勝率10.0%、連対率10.0%、3着内30.0%

この距離では、
ダイワメジャー産駒が強いですね!
レーヌミノル、ベルカプリの2頭は注目です!!

ディープインパクト産駒は
アンジュデジールの1頭です。
どうでしょうか?

それと、フィリーズレビュー(G2)の近3年での
馬券圏内(3着以内)の馬の父馬を調べると・・・

<2016年>
1着の父ダイワメジャー
2着の父キングカメハメハ
3着の父ディープインパクト

<2015年>
1着の父ディープインパクト
2着の父ゼンノロブロイ
3着の父アドマイヤムーン

<2014年>
1着の父サクラバクシンオー
2着の父スウェプトオーヴァーボード
3着の父Harlan's Holiday

こちらはバラバラで傾向や関係性が良くわからないです。
スピードとパワーのバランスの良い血統が
上位に来ているような気がします。

アドマイヤオーラ産駒のステラルージュとか
ローエングリン産駒のカラクレナイとか
面白そうに見えますね!注目したいですね!!


それでは次は、
第35回中山牝馬S(G3・1800m芝)の血統分析です。

中山1800m芝の過去1年間での種牡馬成績からは
(ただし出走頭数10以上で勝率順)
以下のようになります。


1位 ディープインパクト産駒
勝率17.0%、連対率22.6%、3着内34.0%

2位 キングカメハメハ産駒
勝率13.8%、連対率24.1%、3着内27.6%

3位 メイショウサムスン産駒
勝率10.5%、連対率21.1%、3着内26.3%


ディープインパクト産駒は、
ビッシュとデニムアンドルビー、リーサルウェポンがいます。
強力な感じです、どの馬かは絡みそうですが。

それと、中山牝馬S(G3)の近3年での
馬券圏内(3着以内)の馬の父馬を調べると・・・


<2016年>
1着の父ハーツクライ
2着の父マンハッタンカフェ
3着の父アグネスデジタル

<2015年>
1着の父ゼンノロブロイ
2着の父ステイゴールド
3着の父スズカマンボ

<2014年>
1着の父ゴールドアリュール
2着の父キングカメハメハ
3着の父ディープインパクト

バラバラで傾向や関係性が良くわからないですね。
昨年も活躍のハーツクライ産駒には
マジックタイムがいます。
おそらく一番人気でしょうか・・・

そういえば、
今年12歳の(昨年11月までレースを走っていた)
スマートギア号(岩戸厩舎)
が7日付けで登録を抹消し、現役を引退することになりました。
JRAで12歳までがんばるなんてたいしたものです!
本当にお疲れ様でした。

私も人生を長く楽しみたいです!
今週末もがんばりましょう!!

では!


※この記事は、M田が書かせていただきました。


フィリーズレビュー穴馬は馬主ランク1位にて



フェブラリーSは3、5、6番【ゴールドアリュール産駒が勝つ】

ファンディーナ中々最近にない強いディープ産駒ですね、


頑張って馬主サイドへ取材を申し込めるように交渉してみます。
ターフSさんのHPに問い合わせしてみます(笑)


「カフジテイクはプリサイスエンド産駒!距離安心かも!?」


ヒヤシンスSはここから



小倉10R
馬連BOX
4,3,8,(3点)

2月競馬は寒いですが、みなさん懐は温かいですか?

日曜日(2/19)は、
東京では今年最初のG1、
第34回フェブラリーSが行われます!

東京1600m砂の過去1年間での種牡馬成績からは
(ただし出走頭数10以上で勝率順)

1位 プリサイスエンド産駒
勝率15.4%、連対率15.4%、3着内23.1%

2位 ゴールドアリュール産駒
勝率10.8%、連対率21.7%、3着内24.1%

3位 フレンチデュピティ産駒
勝率9.5%、連対率19.0%、3着内23.8%

と出ています。

プリサイスエンド産駒は、ちょっと地味なイメージがありますが
なんとカフジテイクはプリサイスエンド産駒!!
不安視している方もいますが、距離は持つかもしれませんね、要注意です!

それと、フェブラリーSの近3年での
馬券圏内(3着以内)の馬の父馬を調べると・・・

<2016年>
1着の父ヘニーヒューズ
2着の父トワイニング
3着の父アグネスデジタル

<2015年>
1着の父ゴールドアリュール
2着の父シニスターミニスター
3着の父マジェスティックウォリアー

<2014年>
1着の父ゴールドアリュール
2着の父キングカメハメハ
3着の父キングカメハメハ

コパノリッキーが2014年、2015年を連覇しているので
ゴールドアリュール産駒が目立ちますが、
他は、バラバラですね・・・

その種牡馬ゴールドアリュールが、この土曜日18日に
心臓疾患でのため急逝してしまいました。
心からご冥福をお祈りいたします。

弔い合戦としてコパノリッキーやゴールドドリームが
人気を集めそうです。しかも2枠で黒(喪色)ですし・・・

エスポワールシチーもゴールドアリュール産駒でした。
2010年に勝利したあと、2013年に復活の2着!
驚きを隠せなかったことを覚えています。

東京9RヒヤシンスSに出走予定のエピカリスも
ゴールドアリュール産駒ですね。
追悼で活躍を期待したいです!

追悼、引退間近の武幸四郎騎手など
いろいろ寂しいこともありますが、
楽しんで競馬しましょう~


チョコレートもらいましたか?【東京10R】はここから



※この記事は、M田が書かせていただきました。

○○騎手の31年の前人未到の記録とは!?

「31年連続って、どんだけ~」


年明けからランキング公開、メルマガ公開が好調



寒気は冴えかえり、2月競馬が始まりました!
日曜日(2/4)には、東京と京都とで二つの芝レース重賞、
東京新聞杯(G3・東京)ときさらぎ賞(G3・京都)が
行われます。

では、最初に・・・京都の
第57回シルクロードS(G3)ですが、

京都1800m芝の過去1年間での成績からは(ただし出走頭数10以上で勝率順)

1位 エンパイアメーカー産駒
勝率33.3%、連対率53.3%、3着内53.3%

2位 ダイワメジャー産駒
勝率25.0%、連対率25.0%、3着内50.0%

3位 マンハッタンカフェ産駒
勝率14.3%、連対率17.9%、3着内28.6%

4位 ディープインパクト産駒
勝率11.2%、連対率22.5%、3着内30.3%

と出ています。

エンパイアメーカー産駒は、あまり馴染みがないのですが
今回は、プラチナヴォイスが参戦しています!

それと、
近3年での馬券圏内(3着以内)の馬の父馬を調べると

<2016年>
1着の父ディープインパクト
2着の父ディープインパクト
3着の父ディープインパクト

<2015年>
1着の父マンハッタンカフェ
2着の父ディープインパクト
3着の父ステイゴールド

<2014年>
1着の父ディープインパクト
2着の父ホワイトマズル
3着の父Shamardal

圧倒的にディープインパクトが占めています。
傾向としては、スピードのある血統が上位にきそうです!

ディープインパクト産駒のサトノアーサーが
注目を浴びていますが、果たしてどうでしょうか。



次に、

第67回を迎える東京新聞杯は、
昨年は牝馬で芦毛のスマートレイヤーが優勝して話題になりました。

さて血統傾向を分析しますと、
東京1600m芝の過去1年間での成績からは(ただし出走頭数10以上で勝率順)

1位 ディープインパクト産駒
勝率18.4%、連対率31.6%、3着内39.8%

2位 ダイワメジャー産駒
勝率10.5%、連対率17.5%、3着内28.1%
  
3位 ステイゴールド産駒
勝率8.5%、連対率17.9%、3着内27.7%

4位 アドマイヤムーン産駒
勝率7.7%、連対率15.4%、3着内28.2%

5位 キングカメハメハ産駒
勝率4.7%、連対率16.3%、3着内18.6%

と出ています。

やはり、ディープインパクト産駒が目立ちます!

それと、
近3年での馬券圏内(3着以内)の馬の父馬を調べると

<2016年>
1着の父ディープインパクト
2着の父ディープインパクト
3着の父ステイゴールド

<2015年>
1着の父ディープインパクト
2着の父シンボリクリスエス
3着の父Redoute's Choice

<2014年>
1着の父クロフネ
2着の父ディープインパクト
3着の父ダンスインザダーク

圧倒的にディープインパクトが占めています。
傾向としては、スピードのある血統が上位にきそうです!

さらに、この時期の東京芝コースは、、
差し脚を活かせる血統が良いかもしれません。

ディープインパクト産駒と
アドマイヤムーン産駒には要注意です。
個人的には、タニノギムレット産駒も気になりますね。

武豊騎手は、重賞を今年もうひとつ勝てば、31年連続重賞3勝以上となるそうで、何年か先には高いハードルになるかもしれない記録を、今年ぐらいはあっさりとやっておきたいと思っているそうです。

31年連続ってどんだけ~
やっぱり凄いですね!その高いモチベーションを見習いたい・・・


日曜も東西12R公開、馬主ランク1位やで


※この記事は、M田が書かせていただきました。
プロフィール

【馬主政治力馬券】

Author:【馬主政治力馬券】
競馬サイト運営歴10年、ブログ6年、メルマガ4年、本業は馬主申請代理業務をしております。ますます増えてくる馬主サポート業務、もちろん皆様の馬券もサポートさせて頂きます

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
リンク
気になる競馬ブログを見つけて下さい