朝廷VS平氏VS源氏


競馬を歴史ロマンに例えるのが意外と好評だった・・・・・


今回は、競馬界を天下統一してると言える平氏(社台グループ)朝廷(JRA)そして、馬主参戦した


源氏(ダーレーJ)を中心にお届けする。


『平氏であらずは人にあらず』


現在の競馬界は、社台(以下平氏)から馬を買わないと、経済活動的な利回り、ましてや重賞、GⅠに挑戦するなどまさに不可能状態。


小規模馬主(以下公家)、中小牧場(以下大名)は、それぞれ細々と生きなければこの乱世を渡っては行けない状況。


その平氏も80年代は、シンボリ、トウショウ、メジロと有力大名に煮え湯を飲まされる形となったが

93年にサンデーサイレンス(以下平清盛)の登場で”天下統一”まで上り詰めた


その後は、清盛が子孫を繁栄し完全に競馬界の天下を掌握した


そして2010年清盛の死後も大名を押さえ込み、公家に対しても絶妙な世渡りで朝廷の信頼を得ている


その朝廷だが・・・・・・


「公家の馬(以下武士)購入が減少、大名の馬が売れない・・・・」と朝廷にとって最大の悪循環は


平氏が競馬界を統一後、売り上げ減少の歯止めが掛からない


そして


ついに

1度は平氏打倒を朝廷に宣言したも、平氏により島流しにあった、源氏がついに


昨年、朝廷にお墨付けを貰った(外国人馬主の馬主資格取得)


その源氏は強力な資金力を背景に、「中小大名の質のいい馬を積極的に高値で買う」、「自家生産の馬を公家にも安値で販売」

まさに競馬界の救世主になりゆる気配・・・・


朝廷も平氏と癒着しながらも密かに・・・・源氏に討伐を期待しているように思える。


平氏も負けじと、お得意先の公家には「半持ち」を進め、お勧め馬の購入営業を行っている。


そして、源氏の資金力を恐れて「本当に走る馬は、クラブで所有」、そして「今年のセリに本当の期待馬は上場しない」と防衛策を練っている。

まさに平氏VS源氏

のガチンコ対決が本格化している。



続く・・・・・・・・・


テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

【馬主投資馬券塾】

Author:【馬主投資馬券塾】
元某スポーツ社の競馬部内勤を経て、競馬サイト運営2006年~ブログ運営2010年~メルマガ運営2012年から馬主マネージメント2016年~投資馬券術を公開しています。的中やオッズは自分の意思では変えれないけど掛け金は変えれる!!お金の使い方が馬券で勝つ近道です。結果お金が増えればいいんです

最新記事
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
リンク
気になる競馬ブログを見つけて下さい
FC2ブログ