誰かこんなに競馬を難しくした「ヤラズ」編

ここ何年かは、圧倒的にクラブ馬の活躍が目立っている


その背景には個人馬主の減少、衰退が原因として挙げられる

ビーク時90年前半に比べると3分の1以下になっている


1頭の競走馬の年間維持費が720万、馬主にとっては道楽であり経済活動である


なので、もちろん利回りでプラス計上とならないといけない


馬主にとっては、「強い馬でG1を勝つ」と言うのはもちろんだが、「効率よく稼ぐ」と言うのが最大のテーマになる


例えば、馬の力の判断が「OPには上がれる」と調教師が言う場合でもデビューから4連勝してOP入りするよりは、各クラス2戦3戦してじっくりOPに上がれる方が効率よく稼げる。となる


つまり、普通に走れば1発でクラスを突破出来るのに


何らかの理由を使って「わざと勝たない」

これが「ヤラズ」

馬主にとっては当たり前の事だが、これが今の中央競馬を難しくしている


新聞では◎がズラっと並んでいても本音は


「1着はいらない」だったりする

こんな事は新聞には絶対に書けないし書いたらヤバイ


厩舎から「何書いてんだ!」と言われるし、厩舎も馬主に「記者に何本当の事言ってんだ」って事になる


更に上位3番人気まで全てが1着になりたくないとすれば荒れる可能性は十分


これを俺は「消極的なレース」と呼んでるんやけど


そうなると馬券的にはめっちゃ難しい


新聞には書いてない本音の情報が必要、そして「ヤラズ」を見抜く事が大事と言うのはわかってくれたと思う


ただ、


本音の情報を知ってても100%うまく行くとは限らないので


そこは馬券の上手さの見せ所やろう

ズバリ今週のヤラズはコイツらだ

>追記予定<
(43位付近)アルゼンチン共和国杯・みやこS



プロフィール

【馬主政治力馬券塾】

Author:【馬主政治力馬券塾】
元某スポーツ社の競馬部内勤を経て、競馬サイト運営2006年~ブログ運営2010年~メルマガ運営2012年から馬主マネージメント2016年~投資馬券術を公開しています。的中やオッズは自分の意思では変えれないけど掛け金は変えれる!!お金の使い方が馬券で勝つ近道です。結果お金が増えればいいんです

最新記事
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
リンク
気になる競馬ブログを見つけて下さい
FC2ブログ