母になってからは大逆転


今日は1996年の話をしよう・・・・・・・


オールドファンと言われてしまうのだろうか?


サンデー全盛期の時代、2頭の牝馬をご紹介したい


まず1頭はビワハイジ浜田正光厩舎から1995年にデビューした(このシリーズ2回目の登場の浜田正光厩舎)

デビュー後の札幌3歳Sも快勝し暮れの阪神JF(GⅠ)であの馬と激突する


90年代の名牝と言えばヒシアマゾンそして、それ以上に名前が挙がるのがエアグルーヴだろう

ビワハイジエアグルーヴの初対決はこの阪神JFだった


前評判を逆転しビワハイジが制した・・・・・


競争成績でビワがエアを上回ったのは後にも先にもこの1戦だけ、桜花賞TRではエアの2着、エアの居ない桜花賞ではファイトガリバーに勝たれ大敗、続いてオークスではなくダービーに挑戦と言う仰天プランが飛び出した


これに関して、「どうせ距離がダメならダービーへ」と陣営だったそうだ


対してエアグルーブは母仔オークス制覇や天皇賞秋を制するなどJCでも上位に入り競争成績に関してはまさに90年代の名牝と言えるやろう


=================
2頭とも第2の生活、繁殖入り後だが

エアグルーヴは初年度こそアドマイヤグルーヴを輩出したが、以後はイントゥザグルーヴサムライハートソニックグルーヴザサンデーフサイチポルトフィーノフォゲッタブルルーラーシップと名牝としては満足できる繁殖成績とは言えないだろう


ビワハイジは初年度のビワワールド、続くファインセラに関しては早田牧場の生産となったが、牧場の破産に伴い社台ファームに移動、その後アドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、アドマイヤテンカと大物級を続々と輩出、そして6番仔に、そうブエナビスタが登場、これで完全にビワとエアの母としての成績は逆転した事になった、、、、


どつちが良くて、どっちがダメとかいう問題ではないが、競争時代の無念を母になってビワハイジが晴らしたと言えるんじゃないか

そして、8番仔トーセンレーヴ、デビューが2度ほど延期になっている。やや脚元がまだ付いてこないようだが、走れば相当な大物やと思う

今週からの競馬、母馬にも注目してみてほしい

=========================
今週注目の2歳戦をもう1つ、日曜の京都9R白菊賞人気はおそらくケーティズジェムズ藤原英厩舎だろうが、面白いのは(35位付近)

テーマ : 競馬もイイけど気分転換に!
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

【馬主政治力馬券塾】

Author:【馬主政治力馬券塾】
元某スポーツ社の競馬部内勤を経て、競馬サイト運営2006年~ブログ運営2010年~メルマガ運営2012年から馬主マネージメント2016年~投資馬券術を公開しています。的中やオッズは自分の意思では変えれないけど掛け金は変えれる!!お金の使い方が馬券で勝つ近道です。結果お金が増えればいいんです

最新記事
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
リンク
気になる競馬ブログを見つけて下さい
FC2ブログ