ゴールドシップの近況2!【2億円馬】

今週から調教場の開門が7時からになり、1時間睡眠時間が増えました。


今日の栗東は、朝こそ寒かったですが、9時頃からどんどん気温も上がりジャンパーを脱ぐほどでした


昨日のJBC、あのデキでも勝てると思ったんでしょうね、西浦先生は秋の風邪が似合う寂しさでした。
元々休み明けでもきっちり仕上げて来る厩舎ですが、


残りJCダート、東京大賞典を走り切る為に今回はソフトな作りでした。
叩いて2戦目、そしてラストランはエンジン全開で行ってくれるでしょう


勝ち馬のコパノリッキー村山師はトレセンで見たことが一度もありません…
競馬場では常に馬主のコパさんにはべったりですが。


村山先生と言えば、私が学生の頃ですねサンフォードシチーで南井調教師が乗っていたウイングアローに挑んだ
フェブラリーSあれが騎手人生で唯一のG1チャンスでしたが、


調教師になられてからテスタマッタ、コパノリツキーでリベンジ果たしてくれましたね!


2歳戦では、日曜日の未勝利に出てくるゼンノタヂカラオ中内田厩舎が精力的な追い切りでしたよ!
騎乗予定の武騎手を差し置いて調教師自らの追い切りですから。何か秘策があるんでしょう!ここは相手関係注意です


後はエリザベス女王杯に向けて、クイーンズリング吉村厩舎が登板していました。
まだ調整段階ではありますが、軽快な動きでしたよ!ただこの馬に関しては距離が少し長い印象があります


タッチングスピーチ石坂厩舎もルメール騎手と入念な打ち合わせをしてました。
外回りコースの方が向きそうなだけに上手く内目に潜り込めればです


アルパカも走ります。27位にて



天皇賞の回顧ですが、
ラブリーデイ池江厩舎はスローで前掛かりの展開が向いた面はありますが、展開を身に着けれるのも強い馬の証拠です。


スローな流れで差しに転じた7枠ステファノス、ショウナンパンドラ、8枠イスラボニータと一か八かの競馬に転じましたね、
JCとなると・・・・・・なのでゴールドシップに期待しましょう


先週と特に追い切り過程は変わらずです。有馬記念でラストラン、JCを叩いて有馬勝負でしょうが、
この馬はほんとなにかやらかす雰囲気満載です。惨敗から逆転勝利あるんじゃないですか


もう1つ、、松永幹先生はマスコミに囲まれて満足げでした!!
デキも良さそうでびっしり仕上がってます。好パフォーマンスを期待です

関連記事
プロフィール

【馬主政治力馬券】

Author:【馬主政治力馬券】
競馬サイト運営歴10年、ブログ6年、メルマガ4年、本業は馬主申請代理業務をしております。ますます増えてくる馬主サポート業務、もちろん皆様の馬券もサポートさせて頂きます

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
リンク
気になる競馬ブログを見つけて下さい