弥生賞気になるデータ

3月2週中山・阪神開催


今日は弥生賞のデータについて触れてみたいと思います。


中山2000M、皐月賞と同じ舞台で繋がり度は、かなりあるといえる


1番2番人気が勝ち馬としては1番多いが、2着3着には7番人気までの伏兵が突っ込む事も多い


1800M以上で勝利経験、重賞連対、OP勝ちがあっれば強み。

京成杯、ラジオNIKKEI2歳S、共同通信杯組、きさらぎ、そこで3着以内

競馬大百科Ⅱ

穴馬だが、重賞3着以内がある馬、札幌2歳S連対馬、芝1800M以上で勝利があり連対率100%、意外に好走が新馬勝ち直後の6番人気以内。

人気薄でも前走重賞3着以内は魅力大、年明け1戦は消化しててほしい。


年明け初出走は疑いたい。ヴィクトワールピサにはマイナス材料。

枠はやや内目が有利で1~3枠、5、7枠も注意。逆に4、6枠は死に目。

1番2番人気が勝つ可能性大だが、2着3着には7番人気までを狙いたい。

ちなみに水曜の段階で、ダイワアセット的場厩舎、ミッションモード藤沢和厩舎は
どうやら毎日杯へ進むようだ。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

【馬主投資馬券塾】

Author:【馬主投資馬券塾】
元某スポーツ社の競馬部内勤を経て、競馬サイト運営2006年~ブログ運営2010年~メルマガ運営2012年から馬主マネージメント2016年~投資馬券術を公開しています。的中やオッズは自分の意思では変えれないけど掛け金は変えれる!!お金の使い方が馬券で勝つ近道です。結果お金が増えればいいんです

最新記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
リンク
気になる競馬ブログを見つけて下さい
FC2ブログ